富士吉田とうどんとクリスマス・イヴと志村正彦と

富士吉田と言えば『吉田のうどん』だった

桜井うどん

富士吉田と言えばボクにとってはずっと『吉田のうどん』だった。

普通の民家に見えるが実はうどん屋という店が多くあった。多分『白須うどん』が最初に食べたお店だった気がする。当時は本当に普通の家だったが、今ではリニューアルして綺麗になっているみたいだ。

初めて食べた時はちょっとビックリするくらい硬くてコシが強い麺と、キャベツや馬肉のトッピングが定番。

その硬い麺も、噛めば噛むほど素材と出汁の旨みが口いっぱいに広がる。そして、ゴマ・山椒・唐辛子などを混ぜ合わせて作ったこだわりの薬味『すりだね』は欠かせない。

最初は硬さに驚いたものの、なぜか忘れられなくて、その後わざわざうどん食べたさに富士山の近くに行ったものだ。

お取り寄せで食べたりもするが、やはり家で食べると随分と違う。やはりこういうものは地元のお店で食べるのが1番なんだろう。

ハタオリマチの富士吉田が吉田うどんを生んだ

カフェ月光

さて、1,000年以上前の平安時代から織物の名産地として広く知られてきた富士吉田。現在も多くのファクトリーブランドが集積するハタオリマチだ。

昭和の初め、下吉田地区の半数以上の世帯が繊維業を営んでいるほど繊維業が栄えていた頃、織物の機械を動かす女性が昼食の準備で作業が止まらないよう、織物を扱う女性の手が荒れないよう、男性が昼食にうどんをつくるようになったといわれている。

男たちは腹持ちの良いうどんを作る為に力一杯うどんをこねたことから、あの硬いうどんが誕生したと言われている。

富士吉田といえば志村正彦となりクリスマス・イブは彼が消えた日に

カフェ月光

そんな富士吉田を最後に訪れたのは2010年のこと。その時もうどんを食べた。

そのあとは月江寺商店街や西浦地区をぶらぶら。昭和レトロな中を歩くのはなかなか楽しかった。

その2010年の前年2009年、この富士吉田市出身のバンド、フジファブリックのフロントマン、志村正彦が亡くなっていたことを知るのはもう少し後のことだ。

決して上手いとは言えない歌声によって、彼に選ばれた言葉やメロディが魔法にかけられたのを聴いた時、もう彼はこちら側には既に居なかった。

10年ひと昔なんて言うけれど、もうあれからその10年も過ぎて、今年は11年目だ。

そういえば、フジファブリックってバンドの名前も初期メンバーの実家が営む繊維会社に由来しているんだったな。

ボクの中では長いこと富士吉田と言えばうどんだったが、彼の歌を聴いてからは富士吉田はよしだのうどんではなくて志村正彦となった。

そして、イルミネーションが輝くクリスマス・イブは、もうクリスマス・イブではなくて、彼がどこかに消えてしまった日になった。

志村くん、そっちはどうだい?

今でもキミのつくった歌はちゃんと多くの人の心に届いているよ。

でも、いつまでも隠れていないで、そろそろ戻ってくれば良いのに。

みんな待っているからね。

そうそう志村クンが多分1番美味いと言っていたはずの『みうらうどん』には行ったことがないんだ。そのうち行ってみるよ。

フジファブリック (Fujifabric) – 茜色の夕日(Akaneiro No Yuuhi)

今年も今の時期、午後五時にはこの曲のチャイムが流れているのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました