知っている方が楽しい!美味しい!誰にでもわかる日本酒豆知識…直汲み

八戸-ばんや

直汲みの前に…

日本酒豆知識

知っている方が楽しいし美味しいだろうけど、結構日本酒に関する様々な言葉って、何となく聞いたことはあっても、それがどういうこと・ものなのか?は意外に説明できなかったりする。 

なので、もっとわかり易く簡単に楽しく美味しくなるように、と考えたこのシリーズ。今回は『直汲み』について。

少し前に呑んだお酒に『陸奥八仙 特別純米 生原酒 ヌーボー 直汲み』というのがあった。

特別純米は、原料が米・米麹・水のみで、精米歩合60%以下または特別な醸造方法で醸すことが条件なことはこちら☟を参考に。

特別な醸造方法は特に決まりはなく、どのような醸造方法を『特別』とするのか?は、各蔵元判断に任されているが、何が特別なのか?はラベル等に表示しなければならない。

更にこの酒は『生原酒』。『生』と『原酒』についてはそれぞれこちら☟を参考に。

それで直汲みとは?

日本酒豆知識

さて、それで『直汲み』とは?だったね。

これはその言葉通り、醪を絞って酒と酒粕に分ける工程、『上槽』の際に、搾りたてのお酒をタンクに一旦貯蔵せず、出てきた先からそのままその場で瓶に詰めること。

だから発酵由来のほのかな微発泡が口の中に広がり、ピチピチとしたガス感が感じられるわけだね。

この『直汲み』は、『槽場汲み』という言い方もある。

日本酒は空気に触れると酸化が進む。酸化が進めば風味が変化する。だからこの直汲みは搾りたてのお酒を空気に触れさせないように瓶詰めしなければならないので手間がかかる。

手間はかかるが、新酒搾りたての時期にしか味わえないお酒で、本来ならば蔵元でしか味わえない濃厚でフレッシュな旨味タップリの美味しさなのだ。

直汲み=無濾過?

日本酒豆知識

ところでこのお酒には『無濾過』の文字はどこにもない。

基本的に日本酒は搾った後に、その色を透明にして香味を調整する作業=濾過がある。この工程を行わないものが無濾過だね。

無濾過だと搾りたての味わいでお酒本来の旨味や個性が残って飲み応えのある風味に仕上がる。米の旨みが濃厚に感じられ、ずっしりとした味わいのものが多い。

直汲みならば普通は無濾過のはずだし、無濾過と謳った方がより美味しそうな感じになる気もするのだがどうなんだろう?

それとも直汲みなんだから無濾過に決まっているでしょ?ということなのか?とここまでくるとよくわからない。

というわけで…

日本酒豆知識

新酒の時期にこの『直汲み』や『槽場汲み』という文字を瓶に見つけたら迷わず1度呑んでみてほしい。これもまさにその時にしか味わえないお酒だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました