我孫子アートな散歩市 – G3 – 佐治正大 – 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

我孫子アートな散歩市 - G3 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

佐治正大 – 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

さて、
今回の『我孫子アートな散歩市』は手賀沼公園。

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

佐治正大氏の、
『「石杼」―どこへ向かうんだい!―』。

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

5メートルくらいはあるだろうか?
石が横たわっている。

『石杼』とは何だろう?
『いしひ』と読むので良いだろうか?

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

『杼』は織物を織る際に、
経糸の間に緯糸を通すのに使われる道具だけどその石版なのかな?

形が似ているといえば似ているけど、
それは宇宙船のようにも見えるし何かの生きもののようにも見える。

ただ言われてみれば、
確かに杼の形に見えなくもない。

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

遠目だとわからないが、
近くでよく見ると青や黄色の斑点。

我孫子アートな散歩市 - G3 - 佐治正大 - 「石杼」―どこへ向かうんだい!―

キレイな形の石だが、
その色でキレイさが更に増しているように感じる。

杼石ではなく石杼

確か『岩下の機織石』というのがあって、
井出道貞が書いた『信濃の奇勝禄』で紹介されている伝説に出てくるはずだ。

その機織り石の脇には杼・筬・ちぎりに形が似ている岩があって、
それぞれ杼石・箴石・ちぎり石と名付けられたもの。

機織り石は雨が降りだそうとカラカラと音をたてることがあって、
その音が機を織るときの音とよく似ていることから『機織石』と呼ぶようになったという。

そしてこの音が聞えると、
晴れていた空もいつのまにか曇ってきて数日のうちには必ずと言って良いほど雨が降ったという話だ。

この作品をしばらく眺めていたが、
もちろんカラカラと音をたてたりはしない。

でも、
実は見ていない時に音を立てていないとは言い切れない。

というわけで…

今回の我孫子アートな散歩市は、
G3-石杼―どこへ向かうんだい!―。

さて、
石杼は手賀沼から出てきたところなんだろうか?

それとも、
手賀沼に向かっているんだろうか?

MAP

我孫子アートな散歩市 - Google マイマップ
我孫子アートな散歩市

手賀沼公園の他の作品

こちらも併せてどうぞ!

はじまり

水の館・手賀沼親水広場

ゲートスポット

手賀大橋下・隧道

旧村川別荘

瀧井幸作仮寓跡

志賀直哉邸跡

緑南作緑地(楚人冠公園)

旧杉村楚人冠邸園

みちあそび~散歩市インフォメーション~作家の証

ちばぎん街角ギャラリー



コメント

タイトルとURLをコピーしました