我孫子アートな散歩市 – O – 石坂孝雄 – 卓上のおかしな奴ら

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

ゲートスポット(親水広場入口)

手賀沼ゲートスポットのプリニウスの動物たち

ゲートスポット(親水広場入口) 、
以前この場所には『見上げればアフリカ(キリン)』が展示されていた。

展示されている間に何度もその場所を通ったが、
その時はあるのが当たり前になっていた。

でもある日を境にそこはキリンのいない、
違う場所になった。

もちろん元に戻っただけだけれど、
何かがもう違っていた。

その何かは何だかわからないけれど、
違っていたことだけは間違いない。

その場所を再び違う姿に変えているのが、
今回の『我孫子アートな散歩市』の2つの作品だ。

石坂孝雄 – 卓上のおかしな奴ら

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

1つは、
少し前に既に先出ししていた石坂孝雄氏の『卓上のおかしな奴ら』。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら
石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

まだ制作中だった作品もちゃんと完成、
タイトル・プレートの隣の石坂氏のコメント・プレートも内容が変わっていた。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

前回はあまり良く見ることができなかったが、
よく見るとかなり面白い。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

陶管が、
木のテーブルや椅子のあちこちに置かれている。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

それとはまた別の少し離れた場所にも、
大小さまざまな陶管が地面に置かれている。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

どちらも見る角度でいろいろな風景になるのが面白いし、
だからあちこちから眺めていると時間がどんどん経過する。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

グルグルと周ってみたり、
上から見たりしゃがんで正面から見てみたり。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

木の隙間から覗いてみたり、
見方に合わせた数の分だけの作品がそこにはあるようだ。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

だから、
見ていて飽きることがない。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

ところで卓上の『おかしな奴ら』というからには、
これらの陶管は何かその生命体とかなのだろうか?

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

色的には埴輪を思い浮かべたりもしたけれど、
まあ考えたところで正解なんてわかりはしない。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

とんちんかんかもしれないが、
見ているうちにおかしな奴らが会話をしているような気がしてくる。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

ニョロニョロとかススワタリ(まっくろくろすけ)とかケサランパサランとか…
そんな感じの世界に迷い込んだような気分にもなる。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

作者曰く、
8つのうち座れる椅子が4つあるらしいがさすがに壊したらまずいので座らなかった。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

座って過ごしたら、
彼らと話すことができたかもしれない。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

そうは言っても、
何を話して良いのかわからないけれど。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

あと地面の陶管、
位置を変えられたり持っていかれたりしないと良いけど。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

まあ持って行ったところでどうにもならないし、
わざわざ位置を変えていたずらする人もいないだろう。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

ここは散歩の人が良く通る場所でもあるんだけれど、
しばらく見ていく人とちらっと視線だけでまるで関心のない人と様々なのが面白い。

石坂孝雄 - 卓上のおかしな奴ら

当たり前だけど人それぞれ違うわけで、
それはもう当たり前なことなのだ。

というわけで…

今回の『我孫子アートな散歩市』は、
石坂孝雄氏の『卓上のおかしな奴ら』でした。

見る角度によっていろいろな見え方なのがとても面白いし、
見え方の数だけ作品があるみたいで楽しい。

お散歩で通る方は、
一瞥して過ぎてしまうのではなくいろいろな角度で見てみてほしい作品だ。

今度見た時に陶管の位置が変わっていたら面白いだろうな、
とふと思った。

何しろおかしな奴らなのだ、
何が起きても不思議ではない。

MAP

我孫子アートな散歩市 - Google マイマップ
我孫子アートな散歩市

ゲートスポットの他の作品

こちらも併せてどうぞ!

はじまり

水の館・親水広場

手賀大橋下・隧道

旧村川別荘

瀧井幸作仮寓跡

志賀直哉邸跡

緑南作緑地(楚人冠公園)

旧杉村楚人冠邸園

手賀沼公園

みちあそび~散歩市インフォメーション~作家の証

ちばぎん街角ギャラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました